学校法人北野学園 札幌きたの幼稚園

教育と保育教育と保育

教育と保育

札幌きたの幼稚園 > 教育と保育 > 教育目標と職員目標

教育目標

幼稚園はたくさんの子どもたちとの共同生活を通して、
一人ひとりが育ちあう教育と生活の場です。
さまざまな園の活動、新しい子どもたちとのふれあいから
人間としての基礎を肌で学んでいく、お子さまが初めて出会う学校です。
札幌きたの幼稚園では、健やかに生きていく力と知恵と夢を育むため、
愛情と真心をもって心のかよった幼児教育を担っていきます。

  1. 明るく健康な子どもを育てる
    明るく健康な子どもを育てる明るく健康な子どもを育てる

    子どもには何よりもまず、心と体が共に健康に育つことが保障されなければなりません。健康であってこそ様々なことに取り組む意欲がでて成長していきます。私たちはそのために、遊びや体操教育などを通して目標が達成されるよう援助します。

  2. 明るく健康な子どもを育てる
    よく考える子どもを育てるよく考える子どもを育てる

    幼児期は人間の一生の中でも一番成長・発達が著しいときです。私たちはその大切な芽を伸ばします。自分のことは自分で行う習慣、友達と関わる社会力、友達と協力する協調性など、どれもよく考えなければ良い結果がでてきません。一人ひとりの個性と特性を尊重しながら援助します。

  3. 明るく健康な子どもを育てる
    思いやりのある子どもを育てる思いやりのある子どもを育てる

    幼児期の子どもは自我が強いのが特徴です。自我と自我のぶつかり合いを通して、少しずつ「友だちの存在」に気づきます。繰り返すうちに他を思いやる気持ちが芽生えて「わけあう」ことや順番を守ることなど相手を思いやるやさしい心が育ってきます。

職員目標

札幌きたの幼稚園では、幼稚園教育要領に基づいた教育目標を、全職員共通の理解のもとにすすめています。
集団という環境の中で「個」を大切に考え、遊び、課題、生活とメリハリのある教育活動で、
毎日を楽しく過ごせるよう工夫しています。
  1. 1

    元気なあいさつ、やさしい笑顔、正しい言葉を大切にします。

  2. 2

    一人ひとりの子供の個性を尊重し、良いところを見つけ、やる気を伸ばします。

  3. 3

    人間性をみがき、
    思いやりのある教育をします。

上に戻る