HOME > 園長だよりトップ > 今年もよろしくお願いいたします!  

 


  今年もよろしくお願いいたします!

謹 賀 新 年

皆様におかれましては良いお年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年早々たくさんの方からステキな年賀状をいただきました。ありがとうございました。 

冬休みもあっという間でしたね。
子どもたちの元気な声が園舎に響き3学期が始まりました。子どもたちは雪が大好きです!園庭に出来た大きな山で、毎日尻すべり等元気いっぱい楽しんでいます。
今年の冬は日本全体が寒気に覆われているようで、あちこちで雪の被害が続出しています。雪国の人たちは慣れていますが、関東方面など普段積雪のない所の方たちは大変だと思います。

当園も始業式からバスの運行が出来ず自由登園とさせていただきました。バス運行につきましては毎日が雪との戦いです。コースによっては道路状況が非常に悪く、時間通りには進みません。すでに近くにいたブルドーザーに2回も引っ張っていただきました。ご迷惑をおかけしますがどうぞご理解ください。

さて、3学期はまとめの学期です。
年長さんは卒園ですね。小学校に向けてだんだん期待が高まってくることでしょう。2年間の総まとめ、自信を持って入学できるように関わっていきます。
年少中さんも次の学年に上がるために基本的生活習慣をしっかり身に付けます。
私達職員一人ひとりも2006年の目標をしっかり持って教育活動に努めます。今年もよろしくお願いいたします。

正月早々読売新聞や道新に「幼稚園を義務教育に組み込む」というような記事が載り大変驚きました。お読みになった方も多いと思います。
この背景は何でしょうか、政府が掲げる幼保一元化がなかなか進まないためなのか?少子化対策の一環であるのか?幼児教育重視の政策を推進することで一元化を促したいということなのでしょうか?

文科省のホームページでは、「このようなことを政府が方針を固めた事実はない」と否定していますが、ここ10年の動きでも預かり保育の制度化、満3歳就園、2歳児特区、総合施設と変化してきていますからどのように変わっていくのか心配なところです。どちらにしても、すぐにということは無いでしょう。

幼児教育は人間の基礎になる教育です。どんな状況に置かれても、園児200名のために精一杯頑張っていきます。重ねて当園の教育活動にご理解とご協力をお願い申し上げます。

園長 道端敬子より

更新日 : 2006-01-20


一覧へ

子育て相談室

資料請求
 
北野学園概要と沿革 | 個人情報の保護について | お問合せ・資料請求