HOME > 園長だよりトップ > 清田区園長会の試み  

 


  清田区園長会の試み

秋晴れの良いお天気が続きますが、朝夕は日増しに冷え込み、ストーブが恋しくなりましたね。
10月の5日に、清田区私立幼稚園の園長会(9園)主催の講演会を、国際大学の講堂をお借りして行いました。園長会では清田区は「子育てがしやすい区」を目指そうということから、幼児教育の大切さを訴えるとともに、ご家庭と幼稚園が連携して子どもたちの幸せを考えていこうということに取り組み始めました。その第1回目の取り組みで国際大学の内山先生に講演をお願いしました。宣伝不足もあり今回の出席者は40名ほどでしたが、参加者の皆さんは内山先生のお話を熱心に聴いてくださいました。ご参加の皆様ありがとうございました。清田区の幼稚園はそれぞれの方法で幼児教育に真剣に取り組んでいます。
そして、10月の7日、8日は札幌市私立幼稚園の研究大会でした。1日目は各公開幼稚園での保育研修、2日目は「地球村」代表の高木善之さんの『美しい地球を子どもたちに』と題しての講演を聞きました。
地球環境破壊が急速に進んでいる事実を知りました。そして、私たちが危機感を持って何か始めなければこの地球は崩壊するのだということを知りました。札幌ではすでに50回も講演しているということでした。皆さんは一度でも聞いたことがあるでしょうか?関心を持ったことがあるでしょうか?すでに何か始めている方はいらっしゃるでしょうか?
新聞やテレビで、地球温暖化によるさまざまな現象を見たり、聞いたりしていましたが、恥ずかしながら、その原因を作っている一人だという自覚が足りませんでした。
このままでは100年ほどで地球は崩壊するそうです。これからは気候の変化、資源の枯渇、食糧不足など様々な問題が起きてくるそうです。
ドイツ、フランス、イギリスなどは国連IPCCの二酸化炭素の減量目標をすでに達成していますが、日本とアメリカはさらに増加させている状況です。もっとたくさんの国民にこの事実を知っていただき危機感を持って欲しいと思います。
次の世代の子どもたちが生きていく地球が無くなれば、どんなにいい教育をしてもなんの意味も持たないことになるではありませんか。私たちにはこの地球を元の美しい地球に戻す責任があるのではないでしょうか?
当園でもお水の無駄使いや必要のない電気は点けないなど行っています。今年は各クラスにごみ箱を増やし、燃えるごみとプラスチックなどを分別することに取り組み始めています。これからもどんどん取り組んでいきます。
皆さんも一緒に実行しませんか?出来ることはたくさんありますよ。
① マイカーの使用を減らしましょう。(CO2の排出、資源の枯渇)
② 贅沢や飽食をやめましょう。(間もなく世界的な食糧不足)
③ 買いすぎない、買い物袋を持参しましょう。
④ テレビを見る時間を一日一時間短くしましょう。(エネルギーの消費、フロン排出)
(電気製品の主電源を切りましょう)
⑤ 照明をこまめに消しましょう。
⑥ 水の出しっぱなしをやめましょう。
まだまだありますがこれなら身近ですぐ出来ることではないでしょうか。

  未来は変えることができる。
  未来は現在につながっている。
  現在が変われば未来が変わる。
  現在を変えることができるのは、
  あなたなのです              
       高木善之「転生と地球」より

更新日 : 2005-10-17


一覧へ

子育て相談室

資料請求
 
北野学園概要と沿革 | 個人情報の保護について | お問合せ・資料請求